BACK

7/28(金)Talk in Motionを開催します

20代のころまだM-Swiftを始める前にバンドをやっていました。レコード会社のディレクターや事務所の人からちらほら声がかかり始め、一見順調に見えた活動だったのですが、僕はなぜか突然やめてしまった。今聞いても良い音楽なんだけど、たぶん、その当時の僕には理想とのギャップがあったんだと思います。そして、若気の至りというか、ありえないトンガリかたで、まわりの大人が嫌いだったこともありました。笑。といっても自分もぼちぼち大人な年だったんですが。笑。その当時のピアニストは音楽を止め、9.11以降、海を渡りアメリカへ。そこで数年にわたるフィールドワークをもとに本を出版。現在は多摩美術大学の文化人類学の准教授に。そして、僕はというと、運が良いのか、ロンドンに渡りアルバムを出して今に至る。20数年の月日が流れ、ひょんなことから再会したふたりのDJ&トークイベントを代官山のWGTで開催することになりました。今後はゲストを交えて書籍化できるようなインタビューをと思っていますが、第1回目はふたりの音楽を語っていこうと思います。いわゆるトークイベントではなく、DJとトークがシームレスに入れ替わっていきます。もちろんレコードはたくさん持って行きますが、話の中で出てきた曲はSpotifyで見つけて流したりもします。ラジオ番組に近い感じで進めていきます。ぜひ遊びにきてくださいね。

Talk-in-Motion2017_07_10

詳しくはこちら:

Jazz in Motion pres

Talk in Motion “Issue 01/05”

Place: Daikanyama WGT

Date: 7/28(Fri) 19:0023:00 (Conversation starts at 20:00)

Charge: Free

音楽テーマ: ふたりのルーツミュージック

ラジオ感覚でゲストトークと音楽を楽しみつつ、そのままDJへと流れる新感覚のパーティー“Talk in Motion”。ピアニストとしての経歴を持つ文化人類学者、中村寛(多摩美術大学准教授/人間学工房代表)と音楽プロデューサーM-Swiftこと松下昇平が、毎回、音楽テーマを決め、音楽と会話の楽しい時間をお届けします。

ワールドワイドに数々の作品をリリースする松下と、ニューヨークでの長期フィールドワークを経験した中村ならではの視点で楽しく進めていきます。

Speakers:

Yutaka Nakamura

中村 寛(人間学工房代表/文化人類学者/多摩美術大学准教授)

Shouhei Matsushita (M-Swift)

松下 昇平 (音楽家)

DJs

Selector-Tatsuru

Kylie and more…