PROFILE

M-Swift

M-Swift (エム・スウィフト)国境を越えたジーニアス『松下昇平』を中心とする音楽プロジェ クト。 ハウス / ジャズ /クロスオーバー界の実力派プロデューサー / DJ。 2007年にイタリアIRMA Recordsと契約、リリースしたアルバム「Morning Light」がワールド ワイドにフロアヒット。その後、セカンドアルバム「Evening Sun」でメジャーデビュー。2011 年アパレルブランドnano・universeとのコラボレーションでリリースされたアルバム『Sunshine of Love』はiTunesダンスチャート、またWasabeat総合チャート共に1位を獲得。 U.K.ニューソウルのボーカリスト『マーカス・ベッグ」とコラボレーションアルバムをリリースす る等の海外のアーティストからの信頼も高く、ハウス / クロスオーバーシーンのトッププロデュー サーとして確固たる地位を確立している。 遡ること2009年にはジャズプロジェクト『24-Carat』としてアルバム『Blue in Black』をリリー ス。そのジャズセンスをいかんなく発揮し、シングル曲「Cafe Bahia」はフランスJazzmin Recordsからリリースされ、ヨーロッパで著名DJのプレイリストを賑わした。 その一方で青山テルマのプロデュースや佐藤竹善のRemix、May’nや、アジアの歌姫シャリースの アレンジ、そして注目の女性Jazzシンガー松本ゆりふぁのアルバム「Blue」のフルプロデュースも 手がけるなどダンスミュージックのみならず各方面でその才能を発揮。作曲、トラックメイキン グはもちろん、ストリングス、ブラスアレンジまでこなすオールマイティーな才能として注目を集 める。 映像音楽の分野でも多数のTV番組、CM音楽への楽曲提供、映画『スマグラー』、2012年沖縄映 画祭出品作品『ワーキングホリデー』、ドラマ「だんらん」、「でたらめヒーロー」等の劇伴音 楽、ABEMA TV、NHK、TBSなどの番組音楽も担当し幅広いフィールドで実力を発揮する。 2016年NHKで放送されたRIOオリンピックの公式サウンドロゴも手がけ話題を呼んだ。また、2017年公開のディズニー映画「美女と野獣」では、プレミアム吹き替えオールスターズによる"Be our guest"のジャズアカペラアレンジを担当した。同動画は公開一ヶ月で18万アクセスを越えている。現在NHK BS1で毎日放送中のワールドスポーツMLBでは番組テーマソング担当。ジャズセクステット、さらにストリングスも交えてのアレンジで評判となっている。

Compose & Sound Produce

  • 青山テルマ - ママへ

  • May'n - モザイカ (アルバム “If you...” 収録曲)

  • Marcus Begg - ALL BOUT MAIN (アルバム全曲プロデュース)

  • Milky Bunny a.k.a. 益若つばさ- Baby Suger (アルバム“Milky Bunny”収録曲)

  • 松本ゆりふぁ - Blue(アルバム全曲プロデュース)

  • May'n - Soliste(シングル“今日に恋色” 収録曲)

Sound Track

  • 映画 「スマグラー」劇中曲

  • 映画 「ワーキングホリデー」

  • 読売テレビ ドラマ 「でたらめヒーロー」

  • 関西テレビ 笑福亭仁鶴50周年記念ドラマ 「だんらん 」

CM/TV

  • 『ロッテ ガーナミルクチョコレート』

  • NHK語学講座(英語/スペイン/イタリア等)

  • NHK Rio オリンピックサウンドロゴ

  • ABEMA TV番組テーマ曲等

  • NHK BS1 ワールドスポーツMLB オープニングテーマ曲

  • ディズニー映画『美女と野獣』プレミアアム吹き替えオールスターズ "Be our Guest"